音楽

ipodのいろいろな使い方

携帯音楽プレーヤーとして人気の高いipodですが、外付けハードディスクとしての使い方をすれば、ビジネスシーンでも大きな戦力となってくれます。高速インターフェースを備えているので大容量ファイルのコピーも簡単にでき、受け入れ側の環境が整っていれば、ファイルの受け渡しも容易です。

ipodには、PDAのような使い方もあります。パソコンで使っているアドレス帳やスケジュールなどを特定のフォーマットに変換すれば、ipodで閲覧することができるのです。この場合、アドレス帳やスケジュールなどのファイルは、指定されたフォルダに収める必要があります。

さて、外付けハードディスクとしての使い方をするためには、あらかじめ「iTunes」上での設定をしておく必要があります。「オプション」から「ipod環境設定」を選択し、ディスクとして使用する設定に変更すれば、デスクトップにipodのアイコンが現れることになります。

いろいろな使い方ができるipodですが、万が一調子が悪くなったりトラブルが起きたりした場合のために、リストア機能が用意されています。ipodをリストアするために必要なソフトは付属のCD-ROMに収録されていますが、最新版はWebで入手することができます。

|