経済・政治・国際

裁判員制度って?

裁判員制度、つまり、国民が裁判に参加する制度、というのは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、イタリアなど、世界的に実施されている制度でもあります。国民が裁判に参加する、ということは、裁判が身近で分かりやすくするとともに、司法に対する国民の信頼向上へとつながることをメリットとした制度になります。

さて、裁判員制度における裁判員はどのようにして選ばれるのでしょうか。まずは、裁判員応保者名簿を作成します。選挙権のある人が抽選で選ばれるようです。次に、事件ごとにくじで、裁判員候補者が選ばれます。次に、裁判所で、候補者から裁判員を選ぶための手続きが行われます。裁判長から、被告人と関係がないか、など質問があります。最後に、裁判員が選ばれます。

ところで、裁判員制度における裁判員には、裁判員法が適用されます。裁判員法では、70歳以上の人は、裁判員になることについて辞退の申し立てをすることができます。辞任の申し立てをしない限りは、年齢の上限はない、ということになるのです。

最後に、裁判員制度を象徴するシンボルマークがあるのを知っていますか?裁判員制度に国民が親しみを持てるよう、作られたのが裁判員制度のシンボルマークです。今度実施される広報活動などにも、裁判員制度のシンボルマークは登場する予定のようです。

おすすめサイト
使って便利 パスモ(PASMO)
ウエディングドレスのレンタル
子供服ブランド・デニムダンガリー
沖縄格安航空券を手にいれよう
世界の公式飲料水 ビオナーデ
健康と睡眠について

おすすめ情報ブログ
暮らしの雑学 発信ブログ

|