旅行・地域

エコノミークラス症候群

深部静脈血栓症という言葉を聞かれたことがありますか? 深部静脈血栓症とは、エコノミークラス症候群といわれる症状のことです。飛行機に長時間乗った場合に起こりやすいといわれていますが、タクシー運転手や長距離トラック運転手などの発症も報告されています。長時間同じ体勢で座っていることが問題といわれる疾患のことです。

このエコノミークラス症候群の症状は、下脚が赤くなる・腫脹・痛みが初期に表れます。そして座席から離れ歩き出すと、胸の痛みや息苦しさを感じるようになります。重症化した場合は、心拍数の増加、呼吸困難、失神、意識消失を起こし、心肺停止から突然死となることもあります。

座ったままの状態で下肢を圧迫し、静脈のうつ滞と水分不足による血液粘度の上昇がおこり、これが引き金となってできた血栓が、血管の壁に付着します。目的地に着いて席を立つと、長時間圧迫されていた足の静脈から血栓がはがれ、肺の血管を詰まらせるためエコノミークラス症候群となります。

血栓を予防し、深部静脈血栓症(エコノミークラス症候群)を予防するには、長時間下肢を動かさない座ったままの姿勢を注意し、着席中でも積極的に足の運動をすることが大切です。また適度な水分を補給する、アルコールは飲みすぎない、服装はゆったりとする、などに気をつけます。

|