ペット

愛犬の病気について

犬の病気には死亡率の高いものが多くあります。よく知られている狂犬病は発症すると100%死亡する怖い病気で、人にも感染することから、この病気にかかった犬は隔離され安楽死を施されます。この他ジステンパーや犬伝染性肝炎、犬パルボウィルスなども死亡率の高い病気として知られていますが、これらはすべて感染症と呼ばれている犬の病気で、ワクチンを接種することにより、予防することができます。

ワクチンの接種は、生後2ヶ月ごろに初回の接種を行います。これは、母犬の初乳から受け継いだ免疫抗体の効果が切れるのが生後2ヶ月頃である理由からです、その後3ヶ月~4ヶ月頃までに1~2回接種を受けるのが一般的です。成犬になったあとも、基本的にはワクチンの接種を受けますが、最近では副作用が問題視され、毎年のワクチン接種を2年に1回、あるいは3年に1回の頻度に切り替える飼い主も増えてきています。

犬の病気でもうひとつ気をつけたいのが生活習慣病です。人間と同じ環境で暮らす中、糖尿病など人間と同じ病名が犬の病気として増えてきています。このような生活習慣病は肥満が引き金となる場合が多く、飼い主が食べすぎないようにコントロールする、間食を与えない、運動を十分させるなど、犬の管理をきっちり行えば、肥満は解消できて、病気の予防にもなるわけです。

犬は具合が悪くなっても口で説明するわけではありません。飼い主が責任を持って犬の病気や怪我を早期発見し、適当な治療を受けさせてあげる必要があります。普段から餌の食べ方、食欲、排便や排尿の様子、歩き方や座り方など、日常の生活をこと細かく観察していれば、飼い犬の異常にすぐに気がつくものです。手遅れにならないよう、早期発見、早期治療を心掛けてあげたいものですね。

|