パソコン・インターネット

自作DVDラベルを作ろう

自作DVDラベルってカッコイイんですよ、作ってみると。自分で自作DVDラベルを作って見て出来上がりを見るととっても満足感がありますし、撮影したDVDがより価値あるものに感じられます。お子さんの成長記録や旅行の記録などは是非自作DVDラベルを作ってより素敵な思い出にしてみてください。PCとプリンターがあれば誰でも簡単に自作DVDラベルを作ることが出来ますのでぜひトライしてみてください。

まず何と言っても自作DVDラベルを作るために必須のものといえばプリンターです。マニュアルや公式サイトでラベル印刷、レーベル印刷に対応しているかどうかを調べてみてください。公式サイトで必要なドライバをインストールしなければならない場合もあります。

WINDOWS標準ソフトの「ペイント」を使ってDVDラベルを自作する方法を説明します。まず自作DVDラベルに使いたい画像を用意します。確認するのはサイズと解像度です。サイズは幅と高さが500x500ピクセル程度。解像度は96×96ドット/インチである必要があります。確認方法は「ペイント」を起動して「ファイル」から「開く」で保存してある画像を開きます。次に「変形」から「キャンバスの色とサイズ」として、上記の項目を確認してください。そしてDVDラベルの型紙を重ねて、このサイズを参考に画像を調節します。

やはり自作DVDラベルにも文字を入れたいですね。文字はテキストツールで挿入することができます。DVDのタイトルや内容、プログラムや構成、日時、製作者の名前などを入れておくと後で見て分かりやすいでしょう。書式バーで縦書きか横書きか、文字の色と大きさ、フォントの種類を変更できますので色々と楽しみながらやってみてください。次に領域を指定できるのでラベルの外枠をなぞるように指定しましょう。きれいに選択できたら、CTR+C、または右クリックからコピーをします。キャンパスのサイズを1x1にしてから貼り付けてください。最後にプリンタのマニュアルにしたがってDVDの表面に印刷すれば自作DVDラベルの出来上がりです。

おすすめサイト
AIUの海外保険なら海外でのアクシデントにも安心
スカイパーフェクTVとCSアンテナ
TBSのショッピングについて
セブンイレブンのDHC商品
ラックスマンのメインアンプ

おすすめ情報ブログ
あれこれ雑学ブログ

|