« 「食事をする」楽しみは大切 | トップページ | 美和ロックで防犯 »

「13歳のハローワーク」

子どもたちが、具体的な「職業」に就きたいと考え始める時期には、かなりの個人差があるものです。早くから目標が決まっている子もいれば、いくつになっても決められないというケースもあります。少し前に話題になった本に、「13歳のハローワーク」というものがあります。

村上龍氏による「13歳のハローワーク」は、子ども向けにいろいろな職業を紹介する「仕事の百科事典」とでも呼ぶべき本で、発売以来多くの人々に読まれるベストセラーとなりました。この本は、各地の小中学校や高校などでも職業教育の教材として、取り上げられています。

インターネット上には、「13歳のハローワーク」の公式サイトもあります。このサイトのメインとなるコンテンツは、さまざまな切り口から職業を探すことができる職業検索です。「好き」で探す、「職業名」で探す、「マップ」で探すというような検索メニューが用意されています。

「13歳のハローワーク」がベストセラーとなって以来、「自分の好きなことを職業にしたい」という考え方が広まりつつあるようです。就業形態が多様化する現代社会のなかで、職業に対する考え方や意識も、次第に変化していくものだということができるかもしれません。

関連サイト
フリーターの就職を考える
アパレル業界の転職について
MR(Medical Representative)転職

お気に入りの情報ブログ
生活の知恵 雑学ノート

|

« 「食事をする」楽しみは大切 | トップページ | 美和ロックで防犯 »

スポーツ」カテゴリの記事