« 自作DVDラベルを作ろう | トップページ | バランスボールダイエットとは »

医療保険のいろいろ

入院や手術など、いざという時に保障してくれるのが医療保険。以前は生命保険の特約、という形が多かったのですが、現在では単独で入れる保険も増えてきています。あまりの充実ぶりにどれを選んだらいいのか迷っている人のために、医療保険を選ぶポイントをお教えしましょう。

公的医療保険の代表的なものは、「健康保険」。民間企業で働く人とその家族が加入するもので、医療費の負担は本人が2割、家族が3割です。自営業の人が加入するのは「国民健康保険」。医療費は多くの人が3割を負担し、3歳未満は2割、70~74歳は1割となっています。

健康保険と国民健康保険の他にも公的な医療保険は存在します。大企業に勤めるサラリーマンとその家族が加入する「健康保険組合」。国家公務員、地方公務員、私立の教職員が加入する「共済組合」。雇用保険や労災保険も兼ねている「船員保険」は一定の規模以上の船で働く人たちのためのものです。

公的な医療保険でも恩恵を受けることはできますが、デメリットもあります。それはいつのまにか内容が変わってしまうこと。法律の改正により支給金額や支払い金額が変わっても公的医療保険は解約することができませので、民間の医療保険も合わせて利用することがおすすめです。

保険関連サイト
生命保険を考える
60歳からの生命保険
郵便局の学資保険
子供保険について考える
子供保険の比較とランキング

おすすめ情報ブログ
雑学情報発信

|

« 自作DVDラベルを作ろう | トップページ | バランスボールダイエットとは »

ダイエット・健康」カテゴリの記事