« 20代女性に大人気のサマンサタバサ | トップページ | 生前贈与とは »

耳鳴りの治療法

耳鳴りで悩む方は年々増え高齢者から若い世代でも耳鳴り症状に悩まされている人がいます。耳鳴りとは周囲で音がしていないのにで音がしていると感じる現象をいいます。音色も音の大きさも人によって異なり耳鳴りが起こる仕組みはよくわかっていませんが、音がしなくても音がしているということは、それが病気なのかどうか?は、症状によって異なります。病気でなくても起こることがあります。耳鳴りは、原因不明のものもあり、一般的には、内耳障害や聴覚障害の症状として引き起こされ、さまざまな要因が挙げられています。

耳鳴りがどうしておこるのかは、いまもってよくわからないのが現状のようです。耳鳴りを訴える人の多くは、何らかの聴力障害によるものですが、耳鳴りを起こす原因は様々です。なので、聴力系に何らかの異常が生じた時に耳鳴りが起こる様です。聴覚系の異常が、外耳、中耳、内耳、聴神経(か牛神経)中枢のいずれの部位であっても耳鳴りを起こします。また、聴覚系に異常が無くとも過労・高血圧やストレス、心因的な原因によっても耳鳴りは起こります。


耳鳴りの治療としてどんな治療法があるのでしょうか?耳鳴りの決定的な治療法は、まだ見つかっておらず耳鳴りを緩和させる対症療法が治療の中心です。耳鳴りの治療には●原因療法・・・耳鳴りの原因の病名がはっきりとしている時にそれぞれの病気の治療を行います。●耳鳴りの抑圧療法・・・耳鳴りを色々な方法で封じ込めて意識しないようにする方法です。・安定剤や鎮静剤、抗けいれん剤などの薬を用いる。・マスカーや補聴器の雑音で耳鳴りを遮蔽する。●心理療法・・・耳鳴りは心理的な要素も多いので、カウンセリング、バイオフィードバック、自律訓練などによって耳鳴りを自己コントロールする方法などがあります。耳鳴りは、ストレスや精神的なものが多いとい われていますので、規則正しい生活やバランスの良い食事など生活面の見直しも必要です。

耳鳴りを感じたら、慢性・急性に限らず、まずは病院で診察を受けましょう。耳鳴り症状の多くは、実際に検査をしても特別人体に異常が見つかるわけでもなく、命の危険性も少ないことが多いのが現状のようです。耳鳴りを治すための検査や治療も大切ですが、危険な病気が潜んでいないか確認することの方が重要です。命に関わる病気や早期に発見することで聴力の回復が期待できる場合も多いので、病院の専門医に相談することをおすすめします。

|

« 20代女性に大人気のサマンサタバサ | トップページ | 生前贈与とは »

ダイエット・健康」カテゴリの記事